福島原発、配管の弁施錠・監視強化 汚染水漏れ再発防止策 – 日本経済新聞

2014-02-28
福島原発、配管の弁施錠・監視強化 汚染水漏れ再発防止策
日本経済新聞
東京電力福島第1原子力発電所でタンクの高濃度汚染水約100トンが、作業員の配管操作が原因であふれ出た問題で、東電は28日、再発防止策を発表した。約130カ所の弁を施錠し、監視カメラも増設する。全タンクを対象に水位の上昇と低下の両方について警報を出すための 

Copyright(c) 2014 ふくしま原発損害賠償弁護団 All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業